北海道赤ちゃんのほっとステーション

更新日:2018年4月25日(水)

北海道では、子育て中の親子などが安心して外出できる環境づくりを進めること等を目的に、『北海道赤ちゃんのほっとステーション』の登録を進めており、この度、稚内市役所庁舎が認定を受けました。



赤ちゃんのほっとステーションとは

①おむつ替えが容易にできること。(ベビーベッド・ベビーシート等が設けられている)
②授乳スペースがあること。(利用者のプライバシーが守られる配慮がなされていること)
を認定要件とし、道内約300施設が認定を受けています。


【参考】

北海道 結婚・妊娠・出産・育児総合ポータルサイト「HAGUKUMU(ハグクム)」
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kms/ikuji/support.html

※稚内市内の認定施設
①稚内市役所庁舎/②稚内市立図書館/③道立宗谷ふれあい公園


■稚内市役所庁舎内では、
○1階北フロア :こども課横に「ベビールーム」を設置し、おむつ替え、授乳スペースを設けています。
○1階女子トイレ:「ベビーシート」を設置しています。

(こども課横ベビールーム)
 

 

各種手続き等の用事で市役所庁舎を利用される際は、お気軽にご活用ください。
※ベビールームを利用する際は、こども課職員に声掛けをお願いします。